必見!40代の転職サポート情報特集

*

40代の転職、採否を分けるポイント

af0100009123l

1.激戦区を勝ち抜くために

 40代の転職は、その求人が優良であればあるほど、激戦になります。同じようなキャリアと実績を持った人が大勢いる中で、企業は内定者のどこを見て採用を決めるのでしょう?

 雇用する側の観点を持って転職活動の臨むことが、40代には必須なのです。

2.採用担当者は何を見ているのか

 では、企業の採用担当者は、40代の応募者の何を見て、採否を決めているのでしょうか。

★ここがポイント!

  • 職務に直結した専門スキルと実績がある
  • 異業種からでも汎用できる職務能力がある
  • 企業の採用ニーズを理解している
  • マネジメントスキルがある

 こうした採否のポイントを見極めるのが、応募書類であり、面接なのです。では、上記をアピールするためには、どんな方法をとったらよいのでしょうか。

3.ニーズを読んで対応する

 企業が採用したくないと考える人には、共通点があります。それは、自分に対する「ニーズが読めない」ということです。専門スキルや実績があるからといって、求人票通りの仕事ができるとは限りません。

 応募企業のウェブサイトや、面接での質疑応答の中で、企業が求めているニーズを的確につかみ、自分の職務経験とリンクする部分を探し、相手の立場にたって質問に回答しようという、心構えが必要です。

 また、40代の中途採用者に対して、企業は明確なミッションを与えます。それを達成できる自信があると言い切れることも、採否を分ける大事なポイントです。謙虚さと強い意思のバランスを考えながら面接に応対できれば、それはあなたの株を大きく上げることになり、ライバルに差をつけることにもつながります。

仕事で培った人間力も必須です

 40代が転職活動で心がけるべきことの一つに、常に明るくいることがあります。覇気ややる気を感じられない応募者を、わざわざ採用する企業はありません。

 これまでの経験を活かして業務改善に取り組んだり、若手の育成に関わったり、これまでとは違うルートを開拓するなど、これまで培ってきたノウハウを惜しみなく提供しようとする姿勢は、あなたの人間力を伝える術にもなります。

 成果をあげるためにアイデアを提供し、周囲と協調して大きな成果につなげるマネジメント力を磨けば、採用選考にもきっと勝てるはずです。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
40代転職者の支持率No.1の転職サイト!自分の転職市場価値もわかるので転職活動を見直す事も出来ます。


公開日:
最終更新日:2015/03/12